こんにちは(*^^*)
寒い季節、お肌が乾燥しやすく保湿に
力を入れている方も多いと思います。
ですが、冬は肌だけでなく口の中も
非常に乾燥しやすいところ。
口の中が乾燥することにより
ドライマウスになりやすいです。
そんな原因を紹介していきます。
・空気の乾燥
ドライマウスの大きな原因は空気の乾燥です。
空気が乾燥していることにより、口腔内の
水分が奪われ乾燥してしまいます。
・水を飲む量が減る
ドライマウスは唾液の分泌量の減少で
起こるものなので、寒くなり水を飲む
量が減るこの季節は特に気を付けて
こまめに水分を摂りましょう。
・息が詰まって口呼吸をする
冬場は風邪を引いてしまう人が多いですよね。
鼻風邪を引いて鼻呼吸が苦しくなれば、必然的に
口呼吸になってしまいます。
そうすると口の中が乾いてドライマウスに
なってしまうのです。
では寒いこの季節、ドライマウスにならない為に
何を気を付けたらよいのでしょうか?
・ガムをよく噛む
しっかり噛んで唾液を出しましょう。
・水をこまめにとる
冬は喉が渇いてないからあまり飲み物を
飲まないという方も多いかもしれませんが、
喉は乾いていなくても、口の中は乾いています。
なので喉は乾いていなくてもこまめに
水分を摂るようにしましょう。
乾燥するこの季節、ドライマウスにならないよう
しっかり対策をしておきましょう!