こんにちは(*^^*)
歯槽骨や歯根膜というものをご存知ですか?
この二つの役割についてご説明していきます。
・歯槽骨
歯は根が顎の骨の中に入っている状態で
生えています。
歯根が入っている部分の顎の骨を歯槽骨と
いいます。歯を支える他に、物をかんだときに
かかる力を受け止める働きもしています。
・歯根膜
歯根膜は歯槽骨と歯根との間にある薄い膜です。
歯と歯槽骨をつなぐ役割の他に、食べ物の硬さや
柔らかさを判断して咬合力を調整します。
歯はかむときにかなりの衝撃を受けますが、
歯根膜がクッションの役割をして歯や周りの
骨を守っています。
なので口のトレーニングを行うときに強く
かみしめすぎないように要注意。
歯にはいろいろな種類があります。
一つの豆知識として覚えておくと便利かもしれませんね♪