歯のセルフホワイトニング?

歯科のホワイトニングは聞いた事があるし、知っている。やった事ある!

 

セルフって、、、?

自分でするのかな?出来るの?

 

そう思う方も少なく無いのではないでしょうか?

 

答えは、、、、出来ます!

 

ここでは、歯科のホワイトニングと

当店のセルフホワイトニングを比較してみましょう↓

 

%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e6%af%94%e8%bc%83

 

一般的に歯科のホワイトニングとは

過酸化水素。漂白剤・オキシドールなどのを用いて、

歯の中から漂白します。

 

結果、数回通うと白くなります。

けれど、輝きはありませんし、マットな白い色です。

過酸化水素が歯茎に付着すると大変な痛みを伴います。

キレイな歯を手に入れる為にガンバル!?

 

歯の表面(エナメル質)はもちろん、中(象牙質)から水分を奪ってしまい、

水分のあったところは空洞になります。

施術後に色の濃い食物摂取が禁止の理由はここにあり、

その空洞に赤ワイン、カレー等の色素が入ってしまった事を想像してみて下さい。

 

そうです。

歯科のホワイトニングを受ける前よりも色素が奥まで浸透して、

汚くなる恐れがあります。

歯科のホワイトニングを受ける際には、きちんと食事制限を守る事が大切。

芸能人のような白い歯を望む方は、

歯科医の言い付けを守り、リスクを受け入れて受診をして下さい。

 

現在、歯科の中でも過酸化水素を使用してのホワイトニングには

賛成出来ないと仰る方々も多くなりました。

そこで、歯科業界もポリリン酸、メタリン酸などを用いての

ホワイトニングを取り入れるようになってきたのです。

 

しかし、、、

ここで注意をして欲しい事があります。

単なる一般的なポリリン酸メタリン酸では、歯が白くなる効果はありません

 

ホワイトニングについて(2)へつづく→