こんにちは(*^^*)
食べ物を食べたり飲んだりすると数分のうちに
歯の表面が強い酸性になります。
この酸は歯の成分であるリン酸カルシウムを
二つのイオンに分解し歯の表面の結晶を
壊してしまいます。
これを脱灰と言います。
しかし、唾液の働きで酸の働きが弱く
なってくると溶けだしたイオンは自然に
リン酸カルシウムに再結晶化してきます。
これが題名にある再石炭化と言われるものです。
飲食後にすぐに歯を磨いていればすぐに
再石炭化が起こるので歯に大きな穴があく
虫歯になることはありません。
しかし、だらだら食べたり飲んだりしていると
再石炭が追い付かなくなり、歯の結晶のみが
壊れ続け、結果として穴のあく虫歯になって
しまいます。
なので飲食の時間はしっかり決めて
ダラダラ飲食するのはやめましょう。
また、睡眠中の唾はほとんどなくなって
しまうので、寝る前の暴食には気を付けましょう!