こんにちは(*^^*)
プラークコントロールという言葉を
ご存知ですか?
プラークコントロールとは、プラークの
増殖を抑えて、歯周病や虫歯を進行
させない状態を保つこと。
そんなプラークコントロールのために
欠かせないものが歯磨き。
そしてもう一つ大切なのが歯間ケアです。
虫歯の約90パーセントは歯間から始まっています。
歯ブラシによるブラッシングでは、どんなに丁寧に
磨いても歯と歯の間のプラークは取り切ることが
できません。
歯ブラシでのブラッシングのみの場合、歯間に
溜まったプラークの除去率は約60パーセント。
40パーセントのプラークが歯間に残ったまま
ということになります。
そう考えるとゾッとしますよね。。
これをデンタルフロスなどをあわせて利用
することで、約80パーセントまでアップ
することができます。
歯間に入っているプラークは鏡で見て確認
することができないので見落としがち。
デンタルフロスをした後はしっかりお口を
ゆすいでくださいね。
歯磨き後に歯間ケアをプラスすることで、
プラークの除去率を高めることができるため
就寝時の細菌の繁殖を抑えることができます。
まだ歯間ケアをしていない方は是非この
機会に習慣にしてみてくださいね(^^)/