こんにちは(*^^*)
舌は味を感じる役割や、食べ物と唾を
あわせて消化を助ける役割、飲み込むのを
助ける役割など食事をするときにとても
大事な存在です。
舌には味を感じる「味蕾」という細胞の
集まりがあります。
この味蕾は舌の先、根元、根元付近の左右横
にあり、甘み、苦み、酸味、うまみを感じる
ことができます。
この味蕾のおかげで食事を美味しく
感じることができるのです。
そんな味蕾ですが舌の表面には約5000個の
味蕾があると言われています。
舌以外にもあり、すべて合わせると
8000個~10000個あると言われています。
この舌にある味蕾に食べかすや細菌などが
溜まると口臭の原因となってしまいます。
汚れをとるために舌磨きも歯磨きと合わせて
やっていきたいですね。
舌は美味しく食事をするための大事な
体の一部。
丁寧にしっかりケアしてあげてくださいね。