こんにちは(*^^*)
高齢になると顎や口周りの筋肉が衰えてくるので、
舌や喉の筋肉も衰えてきます。
よって喉の奥の空間が狭くなることで
いびきや睡眠時無呼吸症候群にも繋がります。
また、唾液の分泌量の低下などさまざまな
トラブルを引き起こしてしまいます。
そうならないためにも、日頃からしっかり
口まわりの筋肉を動かし、しっかりと
鍛えていきましょう。
そんな時におススメなのが舌トレーニング。
ちょっとした時間に試せる簡単なものなので
是非実践してみてくださいね。
・舌トレーニングのやり方・
①口を閉じて歯茎の外側に舌を添わせるように
大きく円を描く。
②顎の左右の筋肉がしっかり動いてる
ことを意識してぐるぐる回す。
③これを10回行い、今度は反対周りで
10回。合計20回が目安。
テレビを見ながらすることもできるので
時間が空いたときにやってみてくださいね。