こんにちは(*^^*)
口の中は日常的に閉じられていて空気に
触れにくい上、湿度と温度が保たれているので
菌が非常に繁殖しやすいです。
起きている間は食事や会話をすることで
口が開き通気されますが、就寝中は数時間
通気されない状態になります。
そのためにいいのは鼻で呼吸することです。
鼻には鼻毛や鼻水などの粘膜があって、
雑菌の侵入を防ぎます。
そのため、鼻呼吸すると雑菌が体内に
入りにくい仕組みになっています。
鼻呼吸が体に良いと言われているのは
雑菌の侵入を防いでくれるからです。
通気をよくすることで口の中の雑菌は
繁殖しにくくなりますが、一方で口の中が
乾燥しやすくなります。
乾燥しすぎると口の中の粘膜の細胞が
乾燥し、線毛細胞の新陳代謝が止まってしまいます。
健康な人でも15分に一口ペースで水を口に
含むこともおススメ。
まずは鼻呼吸を意識してやってみてくださいね。